2018年11月25日サムライメソッド やわらぎ福岡セミナーレポート

264
2018年11月25日にサムライメソッドやわらぎ福岡セミナー

■主催:SAMURAI METHOD やわらぎ
■協力:オフィスアナザースカイ
■名称:サムライメソッド やわらぎ福岡セミナー
■日時:2018年11月25日(日)
■会場:レンタルスペース ヨカラボ
■住所:福岡県福岡市中央区舞鶴1-1-1 小財金網舞鶴ビル4階

2018年11月25日サムライメソッド やわらぎ福岡セミナー

既に福岡では恒例となっている、サムライメソッド やわらぎ福岡セミナーは漫画グラップラー刃牙の主人公、範馬刃牙のモデルとなり、格闘家としてレジェンドと称えられる活躍をし、現在は各格闘技団体のレフェリー、そして武術家として活動し、2018年9月17日には巌流島の特別試合にてエースである菊野克紀と54歳で手合わせを行った、平直行氏を講師としてセミナーが開催された。

2018年11月25日にサムライメソッドやわらぎ福岡セミナー

2018年11月25日にサムライメソッドやわらぎ福岡セミナー

第1部「やわらぎの初級の復習と効果を高める皮膚の触れ方」
平氏が説いたのは、武術は学校の勉強とは違う、口伝であり自分の身体を変えていく、骨で動かすのは骨絡であり、ただ骨を動かすだけでは奥の筋肉がついて行かず、身体を痛めることになる。人間の身体を動かすのは意識と無意識であるが、意識だけで動かせる比率は無意識に比べて、米粒程度である。意識と無意識は陰と陽。
その中で一番分かりやすかったのは、実っている柿を取ろうとする動きを捻じりであり、それは人間が本来出来る動きである。それらの無意識を動かすのがサムライメソッド やわらぎと言える。その中でも、平氏の軽快なトークで、会場はリラックスしながら、盛り上げる空気を作るのも、平氏の人徳と言えるだろう。

2018年11月25日にサムライメソッドやわらぎ福岡セミナー

2018年11月25日にサムライメソッドやわらぎ福岡セミナー

2018年11月25日にサムライメソッドやわらぎ福岡セミナー

2018年11月25日にサムライメソッドやわらぎ福岡セミナー

次に見せたのは、割り箸を指で挟むだけで、更に骨の奥の筋肉が動く、動きづらい時こそ、身体が動き、更に抵抗を加えると奥が動く、危ないことを安全にやるのが活法である。
現在の柔道はスプリングが入っている畳の上で練習し投げるので怪我をする。相撲などは土の上でやるので、固さがあり、身体が守る反応をする。
木の枝で身体が反応を引き出す。プラスチックなどジムのトレーニング器具では出せない反応である。その理論に対して参加者から感嘆と笑みが零れていた。
100均グッズで見たのが、腰サポーターに竹を腰に差すことが、歩きが容易になる。実際に廃刀令があった明治時代の士族から、刀を腰に差さなくて、歩きづらくなったとの声が残っている。

2018年11月25日にサムライメソッドやわらぎ福岡セミナー

2018年11月25日にサムライメソッドやわらぎ福岡セミナー

2018年11月25日にサムライメソッドやわらぎ福岡セミナー

2018年11月25日にサムライメソッドやわらぎ福岡セミナー

グレイシーダイエットでカーリー・グレイシーの元で学んだ平氏は、日本で同じものを食べても気候や環境が違う、合ったものを探せと言われ、そこで見つけたのが小魚の煮干しである。それらをアレンジし食事に加え、更にサツマイモを生で食すると、咀嚼で唾液が充分に出てから、水など飲み物が要らず、まるで胃薬を飲んだかのように食感が良かったと述べた。
巌流島の特別試合前は、果物を皮ごと食し、自然なものを自然なまま食べるのが身体の反応が良い事を学んだ。

2018年11月25日にサムライメソッドやわらぎ福岡セミナー

2018年11月25日にサムライメソッドやわらぎ福岡セミナー

2018年11月25日にサムライメソッドやわらぎ福岡セミナー

2018年11月25日にサムライメソッドやわらぎ福岡セミナー

第2部「無意識の動きを使って体を整える・やわらぎビューティーその2」
人間の身体は違和感が出る姿勢が、自然な反応が出てから、身体に良い。
その中で行ったのは、身体を回転させる運動、そこに首に刺激を与え、背骨が真っすぐなるように行う事で、無意識の反応が出てから、身体の捻りが更に出る。
人間は担ぐ、抱えるが一番身体の力が出る反応が起こるが、現代人はリュックサック、ショルダーバッグなどで本来の担ぐことを行っておらず、人間が持っている反応が引き出せない環境で生活をしている。
プロレスごっこと称したネックロックの形で骨を捉え、捻る事で首が真っすぐになる。ポイントは危なくない範囲で危なくして安全に行う。殺法と活法は表裏一体の関係と言える。

2018年11月25日にサムライメソッドやわらぎ福岡セミナー

2018年11月25日にサムライメソッドやわらぎ福岡セミナー

2018年11月25日にサムライメソッドやわらぎ福岡セミナー

2018年11月25日にサムライメソッドやわらぎ福岡セミナー

他にも捻る運動で、耳に刺激を与える事で更に捻ることが出来る反応が起こり、そこで深呼吸を行う事で、腹筋へ負荷が起こり、腹筋のシェイプアップが起こる。更に顔に刺激を与える事で、目元がパッチリとなり、表情も明るくなる、やわらぎビューティーを見せた。
棒術、刀術などの動きは人間本来が持っている反応を活かした技が多くあり、それらから武術は自然に即した動きである。本来は竹の棒で無く、本当の木の枝が一番反応を引き出せる。
最後は背中から後ろへ腕を上げる動作も、刺激を与える事で、可動範囲が大きくなり、肩凝りに最適な運動と言える。
原理を理解した上で、身体の反応を引き出す。地球に対して無意識の動きを出すことが重要。人間は考える生き物なので、無意識を間違えている。だから、同じ生き物で人間だけが泳げない人間と泳げる人間がいる。自然な動きが一番良く、危険な事を安全に行う。無意識の動きは勝手に身体が動き、それが武術の動きに繋がる。
今回は平氏が巌流島の特別試合の前で新たに得た内容が披露され、何より平氏が日々研究しているので、毎回斬新な内容がセミナーで行われており、参加者の健康促進に役立つ内容となっている。
次回のサムライメソッド やわらぎ福岡セミナーは2019年2月10日に開催が予定されている。